第23回アートムーブコンクールに「僕の十二支」、「カエル」が入選しました

第23回アートムーブコンクール「僕の十二支」、「カエル」の2作品が入選いたしました。

アートムーブコンクールとは、「アーティストが作家の立場で企画、実施する、ユニークなジャンルのないコンクール」だそうです。

このコンクールを主催されているポテトチップスさんは、日常生活の中にアートを取り入れることで、豊かな感性を育む大切さを説いて、活動をされています。

義務教育で「図工」や「美術」という学科はあれど、五教科以外の勉強は軽視されてしまいがちです。

しかし、実は、美術や音楽などの芸術こそが豊かな生活には必要なのではないかと思います。

とても素晴らしい活動をされている所のコンクールに参加し、改めてその大切さを感じました。

佑次の絵が、感性を育むことの大切さを伝えられたらいいなと思います。

 

作品は、5/15(火)~5/20(日)に大阪府立江之子島文化芸術創造センターにて展示されました。

展示会の様子は、下のリンクからご覧いただけます。